「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:My book( 8 )

団地ともお

夏休みの毎日の楽しみ、
実は寝る前に本を読むことだったりします。

実は、読書は大学生になるまで、
ホント苦手だったというか、
嫌いではないんですけど、
あんまり本を読む人間ではなかった。

勉強の延長線上で、活字を読む行為がめんどくさかった。
うん、やっぱりその当時は、嫌いだったかなーとは思います。

友達の影響もあってか大学生になってからは、
その傾向はかなり和らいだと思います。

実用書や専門書は、
やっぱりあんまり読む気にはなれませんけど
小説は、ちょびちょび少しずつ読んでます。

よく読書好きな人が言う言葉で、
読み出したら止まらないっていうのがありますが
あれは、自分の場合ほとんどないです。

元来、一気に何かをするっていう行為が、
苦手というか、好きなほうではないからか、
少しずつちょびちょび読むのが好きなんですね。

時間をかけて、
じっくりと文章を味わう感じで読書しています。

さてさて、読書の話をしてきましたが、マンガも大好きなんです。
マンガ嫌いな人なんて、一体この世にいるのかな?
なんて思ったりもしていますが、

実は、最近自分も言うほど、
マンガを読まなくなっています。

面白いのに出会う機会も、
自分から見つける行為もしていないからだとは思いますが
読む時間があんまりないからってのも大きいかなー。

時間を上手く作れない、使えない自分がもどかしいですが…。
マンガ雑誌なんかも読まなくなりましたしねー。

そんな中、今一番おすすめというか、
唯一楽しみにして、読んでいるマンガがあります。

d0016769_15363089.jpg『団地ともお』です。知ってる人、いるのかな?
雑誌ならスピリッツに載ってるらしいです
(スピリッツ読んだ事無いけど。)


団地で暮らす子供たちの、
人々の人間模様を日常を情緒感一杯に
描いてるマンガです。

知らない間に、結構売れていて
人気もかなり上がってきてるみたいです。

ちびまるこちゃんとか好きな人やったら
楽しめると思うけどなー。

小さい頃を思い出すというか
読み終えたら、何だか懐かしい気分に
ほっこりした気分になって幸せになれる漫画です。

しかも、笑いあり、涙あり、
シュールな部分もあったりして
色々と考えさせられる部分も多いんです。

主人公は一応、ともおとなっていますが
一話一話がそれぞれのキャラクターの主観や
視点で描かれていて

その一つ一つの物語が必ずどこかで
繋がっていてとっても面白いんです。

個々のキャラクターも
ものすごく個性的で、全てのキャラが立っている。
一度見たら、読んだら
もう忘れられないです。

早くも10巻まで出ています。
自分は9巻まで揃えました。

早く10巻読みたいなー。

このマンガのマンガに出てくる
スポーツ大佐のこんな名シーン。
これ好きなんだなー。

お供のカラスが大佐に
言います。

『大佐、ペコペコしすぎだよ。』

大佐は言います。

「俺がペコペコして給料貰ってるおかげで
お前たちは、食ってけてるんだぞ。」

カラスは言います。

「そうやって理由をつけて
怒らない時に、怒らないのは負け犬だよ。』

夕日に向かって、大佐は言います。

「その通りだ。」
「しかし、男には一点だけ許せないことがあればいい。」

「それ以外は、無制限に受け入れていこうと思う。」

「その一点を見極めた時、俺は再び道着を着ようと思う。」


大佐かっこよすぎーーーーーwww

ほんと、とっても面白いので是非是非読んで欲しい。

懐かしさ、寂しさ、バカバカしさに、真剣さ、
優しさに厳しさ。

その全てが詰まってる本だから。
男女問わず読んで欲しいなー。

BGM: ゆず    『センチメンタル』
[PR]
by narara_lovesong | 2007-08-15 18:38 | My book

食と読の話。

お金が消える~~~

何かしら色々と外で用があってですね
順調にお金が消えていってますw

何か知らんけど、
梅酒をチビチビ飲みながら
お寿司やら、御造りやら食べて
何頼んでも、『はい。喜んで!』って言うのは、
某居酒屋での話。

えー昨日は、焼肉なんか食べてました。
昼間っからお酒を飲んで(ちょっとですよw)
みんなで焼き肉だなんて、何て素晴らしいんだろうw

お酒を飲んだ後から
勉強するなんて、絶対にやってはいけないこと!!

調子乗って、ハメ外しすぎな今日この頃、
気付けば、もう今日から8月やん!!
また、今日から真面目な大学生で^^;
って、以後気を付けます…。

……………………………

最近、読んだ本の話。

『ほどけるとける』  大島真寿美

『腑抜けども悲しみの愛をみせろ』  本谷有希子


めちゃくちゃ対照的な二冊。

上は、とにかくさっぱりした読後感で、
別に面白いという部類の本でもないです。
まぁ…とにかくさっぱりした感じの一冊。

お風呂屋さんのお話で
やりたいことを見つけられずにいた、
フリーターの女の子が最終的には自分のやりたいことを
見つけるっていう話。  

マッサージ師になるんだそうな。
昔ながらの銭湯の雰囲気が伝わってきて、
う~んとにかく、あっさり、さっぱりした感じの一冊でした。

もう一冊は、
結構話題なのか、今夏映画が上映されるらしいです。
あのサトエリが主演らしい。

読んでみて、あの役をサトエリが演じれるんかとか思ったり…
とにかくエグイ作品w

一種のホラーにも近い感じで
あの最初から最後までドロドロした感じを
途絶えさせない文章は、作者の凄い実力というか
才能を感じました。

一回りも変わんないんですよ、
自分と作者さん…。年齢が。

こっちは、面白いです。
面白いといったら、ちょっと違った表現になるかも知れませんが、
『ぜつぼう』(敢えてこの表記なんです)
とは一体何なんなのか?
本谷有希子の考える『ぜつぼう』が少しだけ
窺い知れるような気がしました。

とにかくエグイ…以上ですw
気になる方は、是非どうぞ。

次は何を読もうかな~
BGM:   レミオロメン     『モラトリアム』
[PR]
by narara_lovesong | 2007-08-01 18:48 | My book

ひとりずもう

今日は、めちゃくちゃ寝てやりましたw
へっへっへ(^v^)
それでも眠いのは何ででしょ(笑
そして、またこれから寝るのですw

さてさて、話は変わって
本気で、自分は、
まるちゃんみたいな女の子がタイプかもしれませんw

何の話やねん!って感じでしょうけど
さくらももこ著、『ひとりずもう』 を読みました。
漫画版ですけどねw

まるちゃんの中学生から高校生時代が描かれてます。
てか、もう、まるちゃんなんて呼ぶ人もいなくて、
終始ももちゃんって呼ばれてます。

ついでに、あのおじいちゃん、おばぁちゃんも出てきません。
まるちゃん家が八百屋だったってことも初めて知りました。

まるちゃんが恋をします。
あの、まるちゃんがですよw
その恋わずらい様がまた可愛らしくて見物です。

自分は、男なわけで、女の子でもないわけです。(当たり前w)、
女子高でもありませんw

けど、何か、あっ!分かるわーってとこが多々ありましたね。
まるちゃんが、写真で男の子の紹介される下りがあるんですけど
あそこなんか凄い分かるw

自分もそら、何十年と生きてくれば、
紹介される的なことは多々ありました。

まるちゃんと時代は違って、写真ではなく、
写メールだったりするわけですけど…

普通な感じでいいんだけど…
や…あのやっぱフツーよりちょっとだけいい方が…
あの、そんなぜいたくな感じじゃなくていいんだけど…

やっぱ、ごめん!

私ってノリ悪いのかなぁ…
もっと軽く紹介してもらえばいいのかな。
でも、そんなに簡単に考えられない…


そんな、まるちゃんの心の叫び
凄い分かりました。

テレビじゃ、嘘みたいなメロドラマ。
アイドル、歌手に憧れたとしても、
それは、結局テレビの世界なわけで、、、

家帰って横見たら、
ヒロシみたいなw

まぁ、結局、現実を見ようとしたら、
色々めんどくさいんですよね。
特に、恋愛面って。

ローラースケート場に、ナンパされる目的で
嫌々通おうとする下りも面白かったな。

恋愛面だけでなく、
終始、外の世界に対して、
色々めんどくさがる、まるちゃんが素敵です。

そうだよね、素敵な家庭があって
家族が居て、親が居て、兄弟がいる。
そこに、よき理解を示してくれる友達が居れば
何もいらないんだよね。

家に居とけば、たまにそんなよき理解者の友達と
遊べたら、十分なんだよね。

いつまでもそれが出来るのなら…

色々、葛藤する、考える、
めんどくさがる、まるちゃんは、
やっぱりまるちゃんのままなのでしたw

さくらももこのエッセーだったり、
漫画は、やっぱり何か心がやすらぐというか
懐かしいというか、ホッとする様な、そんな読後感があります。

下巻が早く読みたい作品です。

BGM:   小谷美紗子   『Who』
[PR]
by narara_lovesong | 2007-06-19 00:18 | My book

オトコオンナみたいな子いたよね

やっぱり人って、何かしら人や物事に対して
インスピレーションや直感、シックスセンス
みたいなものって感じるんじゃないかなぁーって思う。

ビビっとくるみたいな。

最近、
『ミカ!』 伊藤たかみ著
という本を読みました。

帯に、森 絵都がオススメとあって、
表紙の絵もすごいシンプルで可愛らしかった。

ただ、それだけの理由で買ったんです。

これが、とても面白くて
すごい共感できるものだったんです。

詳しくは、本を読んでない方に悪いと思うので、
あんまり話しませんが、双子の小学生の成長の過程を描いたものです。

本に出てくる言葉、文章が、また面白いんです。

オトコオンナ、すっぱい涙、オトトイ、
「子どもには幸せになる権利がある」
「正確には、子どもだけじゃなくて みんなその権利を持っている」

終始、小学生目線のお話です。
小学生の時、こんな感情、気持ち、考え方してた。
あったよなぁ~ってところがたくさんありました。

小学校んとき、自分の家に女の子が遊びに来たとき。
好意を寄せてる!ってはっきり言ってくる女の子。
キャンプファイヤーw

終始関西弁で、その辺もとても読みやすく面白かったです。

テスト勉強、レポートが終われば、
続編の『ミカ×ミカ!』も読んでみようと思います。
[PR]
by narara_lovesong | 2007-02-09 20:30 | My book

永沢君

最近、読んだマンガ。

『永沢君』 さくらももこ著

全編に渡って、永沢君を中心としたお話。
ちびまるこちゃんと違って、非常にブラックな感じでしたw

読んでて思ったのは、絶対に永沢君なんかと友達になりたくないなってw
藤木の方がよっぽどイイ奴じゃんって思う。

けど、何か憎めない永沢君。
いや、でも絶対好きかキライかで言ったら
大キライだけどw

非常にブラックユーモアに溢れた作品でした(笑)

終盤の永沢君やクラスのアイドル城ケ崎さん、藤木、野口さん、ヤンキーたちを交えた
恋模様が描かれてるところは必見です!

あ、最近ブログ書きながら、そのとき聴いてる音楽を
書き記しておくことにしています。

特に、意味は無いんですけど、
その時の感情によって自分がブログ書きながら聴いてる音楽は
どんな曲だったんだろって思いまして。
書き記して、残していくことにしました。

読んでる人には、これ聴きながら、こんな記事書いてるのか~
なんて想像力膨らませて読んでくれると嬉しいです♪

BGM: 山崎まさよし 「セロリ」
[PR]
by narara_lovesong | 2007-01-23 00:04 | My book

恋人(コイビト)って、イイ響き♪だなって思うw

一日おいて、回復しました。
唐突ですが、今日は、恋の話をします。
--------------------------------------

て言っても本の話ですけどね(笑)

最近読んだ本です↓
『絶対、最強の恋のうた』 中村航

柄にも無く恋愛小説ですw
いや~、この人の本は読みやすいです。

って言っても、『夏休み』とこの本しか読んだことないんですけど
描写表現やその情景設定が、好きなんですよね。

何気なく出てくる、浪人、チューターっていう単語。
浪人同士の微妙な関係で、(喋るけど、名前知らんみたいな…)
うんうん、分かる。分かる。ってもう冒頭で引き込まれる自分(笑)

文化祭での些細な出会いから、紅葉饅頭渡して、ラブラブになるくだり。
それじゃダメだ!って、予定を全て決めてしまう恋愛へ。

お互い部屋を真っ暗にして電話するってところと、
彼女の恋は『スタンプカード』みたいなものって所、
あとは、男同士での鍋と木戸さん!

自分的にはとても好きなシーンですかね。

って、あんまり言うと、アレですからね(^_^;)
この辺にしておきましょうw

ただ、恋愛小説特有の、ラブラブな感じ、雰囲気が全く嫌味に感じません。
登場人物全てのキャラがたってて、上手く話に溶け込んでました。
凄い面白かった。

恋愛小説を読み終えて、ほのぼの~とした雰囲気になれたのは初めてかも。
とにかく良かったです☆

こんな恋なら絶対してみたい!
うん、やっぱり恋はイイものですね~。

大野はイイ人に出会ったなぁ…羨ましい(>_<)
今年は、イイ人に巡りあえるかな。

恋してる人も、恋したい人も、恋してた人も
そんな全ての人、いや“恋人”におススメですw
[PR]
by narara_lovesong | 2007-01-05 18:34 | My book

ごろごろ…本だごろー

 今日は、家にずっと引きこもり。
 本読んだり、色々と。

 夏休み、NHKが深夜にメジャー(アニメ)をやってた影響で、
 取り敢えず、52巻ぐらいまで読みました。

 全部、友達に借りてw

 何か…清水さんって完全なツンデレって奴ですか(笑)
 途中、ゴローとのラブコメになってしまった感が。

 お互いに気になってる感というか、微妙な距離感が良かったのに。
 付き合ってしまえばデレデレって…そ~いうもんなのかね~現実も。

 あと、『格闘するものに○』っていう本を読み終えました。
 最近、マイペースで本読むことが楽しいです。

 就職活動に奮闘する、女の子の話で結構面白かった。
 彼氏がおじいさんなんですよw

 ただ、この本読んでて、就職活動って改めて大変そうって感じです。
 まぁ、周りからそ~いう話はよく聞くんで分かってますけどね…。

 自分の希望の職種に就くって難しいことです。
 漠然としかやりたいことが決まってない自分としては、
 少し頭を悩ませる本でした。

 明日は、買い物にでも行こうかな。
[PR]
by narara_lovesong | 2006-10-14 21:31 | My book

天真爛漫に

 ここ二日、何してたんだろうって考えたけど特に何にもしてなかった…。
 また、明日からフルで用事入ってて、夏休み終了ですわ。

 何か今年の夏休みは、こんな感じの繰り返しで平々凡々やったなぁ(-_-;)

 ってことで、この夏休み、長い時間かけてようやく、
 西加奈子著『さくら』を読破しましたw

 テーマは、う~ん一応『家族愛』なのかな…。

 泣けるって評判でしたが、自分は泣けなかったなぁ。
 前読んだ、『ハッピーバースデー』の方が泣けました。

 テーマ的には全然違うんですけどね。
 まぁ、いい本でしたよ。

 んで、家族愛と言えば、
 今日は大家族のドキュメンタリー番組みたいなの見てました。
 (フルでは見てません)
 
 9人家族で、母親がいないんですが
 (何でいなくなったのか分からなかったw)、
 あ~いう番組って今までたくさん見てきましたが、
 今まで、一番子供たちがしっかりしてると思いました。

 これは、多分に母親がいないことが影響してると思うんですけど
 ほんと子供たちが小さいながらにしっかりしてると思った。

 母親がいない分、『自分たち一人一人がしっかりしなきゃ』、
 『おっとお(父)に迷惑かけちゃダメだ』ってのが凄く伝わってきた。

 家族は、経済的不安から岩手から奄美に引っ越すんですけど、
 中途半端な終わりかただった。
 
 続きが見たいなぁ~って思わす終わり方。
 頑張って、兄弟みんなほんとこのまま純粋に育っていって欲しいと思う。

 と同時に、自分はほんとちっぽけだなぁ~って思いました…。
 何でもかんでも悩んでさ…。
 
 ちっぽけな事で悩んでる自分に比べたら、
 あの子達、どんだけ悩まなきゃいけないんだよ!みたいな(-_-;)
 
 長女の子は、高校行けたのかなぁ。
 心配だ~。。。
  
 世の中、色んな人が色んな悩み持って生きてるんだよね。
 また、明日からあの兄弟みたいに、天真爛漫に頑張ろうと思います☆
[PR]
by narara_lovesong | 2006-09-26 23:39 | My book


過去に手を振ってそれぞれそれぞれの道へ…。根を張って上向いてそれぞれそれぞれの道へ…。


by narara_lovesong

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新のトラックバック

さくらももこ「永沢君」
from Simple blog K..
ちょっと時期おくれだけど。
from Simple blog K..
大相撲 三月場所 千秋楽..
from mika;hana
ダートでこそ!
from 1年中放牧中・・・
服装について。
from ぴょん吉の隠れ家

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧